So-net無料ブログ作成

システム設計の話 その3・システム化する内容をまとめる [システム設計の話]

 前回、顧客の業務内容と、システム化する内容をざっくりまとめました。
 これを踏まえて、具体的にシステムでどんな物を作るかを考えて行きます。前回のシステム化した業務内容から、必要な物を洗い出してみます。

・「売上入力」画面
・「納品書印刷」画面
・「納品書」帳票
・「売上伝票印刷」画面
・「売上伝票」帳票
・「経理売上報告書印刷」画面
・「経理売上報告書」帳票
・「売上実績表印刷」画面
・「売上実績表」帳票

 顧客から直接見えるシステムの部品は、とりあえずこんな感じでしょうか。
 画面と帳票は、ACCESSで言うところの、フォームとレポートになります。
 今回は、入力画面と帳票のみで、データをごりごり処理するバッチ処理みたいなのは考えていません。もしかすると、売上実績表で、きめ細かい対比を見たいなどの、複雑な要望が合った場合は、それ用のデータをバッチで作成したほうが、作りやすいかもしれません。

 この時点で、ざっと何をつくったら良いかが少し見えてきました。
 しかし、それぞれ細かい内容はまだ未定です。これからは、それぞれについて、詳細な内容を検討していく工程に入ります。
 説明の例なのでざっくりやってますが、それでもめんどくさいですよ。実際の現場では、こういう細かい打ち合わせを延々何時間、何日、何ヶ月ってやって、システムを作っていくわけです。

 ちょっと愚痴が入りましたが、区切りが良いので今回はこの辺で。
 次回は上記の一覧にそって、一つずつ詳細内容の検討をしていきます。



【2万円から3万円の、格安ホームページ作成サービス】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※URL(リンク)は記述できません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました