So-net無料ブログ作成
検索選択

システム設計の話 その8・テーブル設計 売上伝票 [システム設計の話]

 売上伝票データ・売上明細データテーブルの項目内容を決めていきます。

 その前に、その7でも多少触れましたが、売上データは2つのテーブルに分けて管理します。なぜそのようにするのかについて、もう少し詳しく書いておきます。
 顧客から注文があった、その内容を1つの売上内容として管理するとします。そして、1回の注文で複数の商品がされることを考慮します。
 言葉で表現すると、「某日、A顧客から、A商品が1つ、B商品が5つ、C商品が3つ、注文があった」となります。
 表で表現すると、

こんな感じでしょうか。
 このイメージのまま、テーブルの項目を作ると、次のような状態になります。

 明細の数だけレコードを作成するので、「注文番号」や「注文日」は、1つの注文に対して、1件あれば良いのですが、明細の行数分作成されてしまうことになります。
 2つのテーブルに分けて管理するまでもない場合は、こういった構造のテーブルを作ることもありますが、だいだい件数の少ない小さなテーブルの場合です。売上データのような、件数が多くなるテーブルでは、無駄が大きくなります。

 無駄な繰り返しを省くために、1つの注文に対して1件で良い部分と、複数件になる明細の部分を切り分けます。

 明細側には、その明細がどの伝票のデータかわかるように、伝票番号を持たせておきます。
 このような形でテーブルを作成することで、重複を省き効率の良いデータ管理が行えます。

 では、売上伝票データテーブルの内容です。
 盛り込みたい内容は、その4にあげているので、その内容から作成します。

項目名 データ型 桁数
伝票番号 十進型 整数9桁
顧客CD 十進型 整数5桁
注文日 日付時刻型  
納品日 日付時刻型  
担当者CD 十進型 整数5桁
税抜合計 十進型 整数12桁
消費税額 十進型 整数12桁
総額合計 十進型 整数12桁
備考欄 テキスト 255
メモ テキスト 255
登録日 日付時刻型  
変更日 日付時刻型  

 キーは「伝票番号」です。

 数値の項目は十進型で桁数を指定する形にしました。十進型を使うのはあまり一般的では無いような気もしますが、仕事で扱ったシステムは十進型が多かったです。
 コード項目は桁数が重要になるので、そこを意識する意味で十進型にしてみました。

 伝票番号は連番を持たせる項目です。ACCESSだと、とりあえず「オートナンバー」にしてしまう事が多いようですが、オートナンバーにしてしまうと、値を自由に設定できなくなるので、後々やっかいです。
 基本的にオートナンバーの使用はお勧めしません。

 注文日は、注文を受けた日付、納品日は注文を受けたときの納品予定日(だいたい)とします。実際には、納品が完了するまでを管理できるといいのですが、今回はそこまで考えません。

 税抜合計・消費税額・総額合計は、それぞれ明細を積み上げた合計を入れておきます。こうしておくと、合計値のみを見たい場合に、いちいち明細から計算しなくて済むので。

 備考欄は、帳票に印刷することのできる項目で、メモは印刷されない内部用のメモです。こういった要望は、よくありました。

 登録日・変更日は、入力する項目ではなく、プログラムから設定します。登録日は新規登録を行った日時、変更日は変更された日時を設定します。



 次ぎに売上伝票明細データです。

項目名 データ型 桁数
伝票番号 十進型 整数9桁
明細番号 十進型 整数3桁
商品CD 十進型 整数5桁
数量 十進型 整数9桁
単価 十進型 整数9桁
金額 十進型 整数12桁
消費税額 十進型 整数12桁
総額 十進型 整数12桁
備考 テキスト型 255
変更日 日付時刻型  

 キーは、「伝票番号」「明細番号」です。

 明細番号は、明細ごとの連番です。1伝票で同一商品を複数入力出来ないようにすれば、必要ないのですが、明細を入力した順番通りに印刷したい、と言う要望もあるかもしれないので、わかりやすくこうしています。

 単価は明細行に記録するようにしています。単価について考えていくと、とっても深いものがあるので、あまり掘り下げませんが、常に商品マスタから参照する造りにしてしまうと、商品マスタの単価が変更になった際、入力時の金額と変わってしまいます。伝票の内容は入力時の単価で固定されるべきなので、明細に保持します。
 金額には、単価×数量の値を入れておきます。参照するときに計算する手間が省けます。
 同様に、消費税額、総額(金額+消費税額)にも、計算した値を入れておきます。

 消費税額は、税額を計算し、端数を処理した整数を入れます。消費税の計上の仕方としては、伝票での合計額から消費税を計算する方法と、明細毎に消費税を出しておいて、それを積み上げて伝票の消費税とする方法があると思います。
 前者は、簡単でわかりやすいです。
 後者は、伝票の合計金額から計算した消費税額と、明細を積み上げた消費税額が一致しない場合があります。明細毎に端数を処理している為、このような事が起こります。
 しかしながら、任意の明細の消費税を見ることができます。
 前者の場合は、明細の消費税を見たいときに、不都合がでます。

 上記を踏まえ、一般的には、明細毎に消費税を計算することが多いので、その方式にしてみようと思います。
 ほとんどのスーパーコンビニでも、明細ごとに消費税を計算していると思います。一度レシートをじっくり見てみてください。

 備考は、明細毎の備考欄です。明細は印刷用のみにしました。

 変更日は明細の登録・変更日時です。伝票みたいに登録日・変更日を別々に持たないのは・・・、持てないから。入力画面を作る際、持たない方が都合が良いので・・・。それはまたその時に説明します。

 以上、売上伝票データ、売上明細データでした。



【2万円から3万円の、格安ホームページ作成サービス】

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※URL(リンク)は記述できません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました