So-net無料ブログ作成
検索選択

ADOについて ACCESSのVBAでADOを使うための準備 [ADO]

 VBAからADOのオブジェクトライブラリを使用するには、最初に設定を行う必要があります。
 新規でACCESSのファイルを作成した場合などは、この設定がされていませんので、そのままADOのプログラムを記述してもエラーになります。

・設定手順

1.ACCESSのファイルを開きます。

 既存、新規どちらでもかまいません。
 ADOを使用するACCESSのファイルが開かれた状態にします。

2.VBA Editorを起動します。

 「作成」タブにある、「マクロとコード」から、「Visual Basic」をクリックします。

 VBA Editorが表示されます。

3.参照設定を行います。

 メニューから、「ツール」-「参照設定」をクリックします。

 「参照設定」ウィンドウが開きます。

 「参照可能なライブラリファイル」の一覧から「Microsoft ActiveX Data Objects」を探して、チェックを付けます。
 バージョン違いがたくさんありますが、自分のパソコンのみで使用するのであれば、最新の物で問題ありません。
 別のパソコンにACCESSのファイルを持っていって、そこで動かす場合には、そのパソコンにもここで指定したバージョンのADOが存在していないと、エラーになります。
 複数のパソコンで稼働させる予定がある場合は、どのバージョンなら大丈夫か確認しておく必要があります。
 私は無難なところで、最新のちょっと前を選んでます…。

 チェックを付けたら、「OK」ボタンをクリックして、参照設定画面を閉じます。
 以上で設定は完了です。



【2万円から3万円の、格安ホームページ作成サービス】

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※URL(リンク)は記述できません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました