So-net無料ブログ作成
VBA関数 ブログトップ
前の5件 | -

ACCESS VBA関数 RGB関数 [VBA関数]

 RGB関数は、コントロールの境界線や背景色の色を指定する、色を表す値を、光の色の三原色、赤・緑・青の割合から求めます。

・書式
 RGB(red, green, blue)        

続きを読む


ACCESS VBAの関数リファレンス Q-Z [VBA関数]

 ACCESS2010のヘルプを参考に作成しています。

関数名 内容
Q
QBColor 指定された色番号に対応するRGBコードを返す
R
Rate 指定された条件で、投資期間を通じての利率を返す
Replace 引数の文字列から、指定された文字列と一致する箇所を、
指定された文字列で置き換えた文字列を返す
RGB 引数の赤・緑・青の値から、対応するRGBコードを返す
Right 引数の文字列を右端から、指定された文字数分切り出した文字列を返す
Right$
RightB 引数の文字列を右端から、指定されたバイト数分切り出した文字列を返す
RightB$
Rnd 引数を元に乱数を返す
Round 引数を指定された小数点位置で丸めた値を返す(四捨五入ではない)
RTrim 指定された文字列の右端から、連続したスペースを削除した文字列を返す
RTrim$
S
Second 引数の時刻から、秒(0~59)部分を数値で返す
Seek 指定されたOpenしているファイルの現在位置を数値で返す
Sgn 引数の符号を値で返す
Shell 引数に指定されたプログラムを実行する
Sin 引数のサインを返す
SLN 指定された条件で、定額法を用いた一期あたりの減価償却費を返す
Space 指定された数のスペースからなる文字列を返す
Space$
Spc Printメソッド・Print #ステートメントで、出力位置を移動する
Split 引数の文字列を、指定された文字で切り分け、一次元配列で返す
Sqr 引数の平方根を返す
Str 引数の値を、文字列に変換して返す
Str$
StrComp 2つの文字列を比較し、結果を値で返す
StrConv 引数の文字列を、指定された方法で変換した文字列を返す
StrReverse 引数の文字列の並びを逆にした文字列を返す
String 指定された文字を、指定された数ほど並べた文字列を返す
String$
Switch 式と値の組み合わせのリストから、最初に式が真になった組の値を返す
SYD 指定された条件で、定額逓減法を用いて指定された期の減価償却費を返す
T
Tab Printメソッド・Print #ステートメントで、出力位置を移動する
Tan 引数のタンジェントを返す
Time 現在のシステム時刻を返す
Time$
Timer 午前0時(00:00:00)からの経過秒数を値で返す
TimeSerial 指定された、時・分・秒の値から、時刻を日付型で返す
TimeValue 引数の時刻を表す文字列を、日付型に変換して返す
Trim 指定された文字列の両端から、連続したスペースを削除した文字列を返す
Trim$
TypeName 引数に指定された変数の型を、文字列で返す
U
UBound 引数の配列で使用できる最大の添字を値で返す
UCase 引数の文字列のアルファベット小文字を、大文字に変換して返す
Ucase$
V
Val 引数の文字列を数値に変換し、適切なデータ型で返す
ValType 引数に指定された変数の内部処理形式を、数値で返す
W
Weekday 引数の日付の曜日を値で返す
WeekdayName 引数の曜日を表す数値から、曜日を表す文字列を返す
Y
Year 引数の日付から、年の部分を数値で返す

ACCESS2010 VBA 関数リファレンス
 A-C
 D-G
 H-L
 M-P
 Q-Z


ACCESS VBAの関数リファレンス M-P [VBA関数]

 ACCESS2010のヘルプを参考に作成しています。

関数名 内容
M
MacID Macintosh用
MacScript Macintosh用
Mid 引数の文字列を、指定された文字位置から、指定された文字数を
切り出した文字列を返す
Mid$
MidB 引数の文字列を、指定されたバイト位置から、指定されたバイト数を
切り出した文字列を返す
MidB$
Minute 引数の時刻から、分(0~59)部分を数値で返す
MIRR 引数に指定されたキャッシュフローから修正内部利益率を返す
Month 引数の日付から、月(1~12)部分を数値で返す
MonthName 引数に指定された月を、月を表す文字列で返す
MsgBox 引数の内容を表示するダイアログボックスを表示する
N
Now システム日時を日付型で返す
Nper 指定された条件で、投資に必要な期間を返す
NPV 指定された条件で、投資の正味現在価値を返す
O
Oct 引数の値を8進数に変換し、文字列で返す
Oct$
P
Partition 引数の値が、指定された値の範囲のどの範囲に含まれるかを文字列で返す
Pmt 指定された条件で、投資に必要な定期支払額を返す
PPmt 指定された条件で、指定された期に支払われる元金を返す
PV 指定された条件で、投資の現在価値を返す

ACCESS2010 VBA 関数リファレンス
 A-C
 D-G
 H-L
 M-P
 Q-Z


ACCESS VBAの関数リファレンス H-L [VBA関数]

 ACCESS2010のヘルプを参考に作成しています。

関数名 内容
H
Hex 引数を16進数に変換した文字列を返す
Hex$
Hour 引数の時刻から、時(0~23)部分を数値で返す
I
IIf 式の評価結果により、2つの引数のうち、1つを返す
IMEStatus 現在のIMEの状態を、数値で返す
Input ファイルから指定された文字数を読み込み、その文字列を返す
Input$
InputB ファイルから指定されたバイト数を読み込み、その文字列を返す
InputB$
InputBox 入力用ダイアログボックスを表示し、入力された文字列を返す
InStr 引数の文字列から、指定された文字列を検索し、結果を数値で返す
InStrB 〃(バイトデータとして比較をおこなう)
InStrRev 引数の文字列の後方から、指定された文字列を検索し、結果を数値で返す
Int 引数の小数部分を除いた値を返す
(引数が負の数の場合、結果は引数を超えない最大の負の整数になる)
IPmt 指定された条件で、指定した期の金利を返す
IRR 引数に指定されたキャッシュフローから内部利益率を返す
IsArray 引数に指定された変数が、配列かどうか調べ、結果をブール型で返す
IsDate 引数が日付に変換できるか調べ、結果をブール型で返す
IsEmpty 引数に指定された変数が、Empty値かどうか調べ、結果をブール型で返す
IsError 引数がエラー値かどうか調べ、結果をブール型で返す
IsMissing プロシージャの省略可能な引数に対して、引数が省略されたか調べ、
結果をブール型で返す(引数がバリアント型の場合のみ)
IsNull 引数の値が、Null値か調べ、結果をブール型で返す
IsNumeric 引数が数値として評価できるか調べ、結果をブール型で返す
IsObject 引数がオブジェクト変数か調べ、結果をブール型で返す
J
Join 引数に指定された配列の各要素を結合し、文字列で返す
L
LBound 引数に指定された配列の、指定された次元の最小の添字を返す
LCase 引数の文字列のアルファベットを、大文字から小文字に変換して返す
LCase$
Left 引数の文字列を左端から、指定された文字数分切り出した文字列を返す
Left$
LeftB 引数の文字列を左端から、指定されたバイト数分切り出した文字列を返す
LeftB$
Len 引数の文字列の文字数を返す。
(引数がユーザー定義型変数の場合、
 変数がファイルに書き込まれるデータのサイズ)
LenB 引数の文字列のバイト数を返す。
(引数がユーザー定義型変数の場合、変数のメモリサイズ)
Loc 指定されたOpenしているファイルの現在位置を数値で返す
LOF 指定されたOpenしているファイルの長さをバイト数で返す
Log 自然対数を返す
LTrim 指定された文字列の左端から、連続したスペースを削除した文字列を返す
LTrim$

ACCESS2010 VBA 関数リファレンス
 A-C
 D-G
 H-L
 M-P
 Q-Z


ACCESS VBAの関数リファレンス D-G [VBA関数]

 ACCESS2010のヘルプを参考に作成しています。

関数名 内容
D
Date 現在のシステム日付を返す
Date$
DateAdd 指定された日付時刻に、指定された時間単位で、
指定された値を加算した日付時刻を返す
DateDiff 指定された2つの日付時刻の差を、
指定された時間単位の値で返す
DatePart 指定された日付時刻から、指定された時間単位の値を返す
DateSerial 指定された、年・月・日の値から、日付を日付型で返す
DateValue 引数の日付を表す文字列を、日付型に変換して返す
Day 引数の日付から、日部分を数値で返す
DDB 指定された条件での減価償却費を返す
Dir 指定された条件に一致するファイルやフォルダを文字列で返す
Dir$
DoEvents 制御をOSに返す
E
Environ 環境文字列を返す
Environ$
EOF 引数のファイルの現在位置が終了位置の場合、
Trueを返す。それ以外の場合はFalseを返す。
Error 指定されたエラー番号のエラーメッセージを返す
Error$
Exp 指数関数の計算を行う
F
FileAttr 指定されたFile番号のファイルモードを返す
FileDateTime 指定されたファイルの作成日時をDate型で返す
FileLen 指定されたファイルのサイズをバイト数で返す
Filter 引数の配列から指定された文字列を検索し、
結果を配列で返す
Fix 引数の小数部分を除いた値を返す
Format 引数の内容を、指定された書式に変換した文字列を返す
Format$
FormatCurrency 引数の値を、システムの地域と言語のオプションで設定されている
通貨の形式で変換した文字列を返す
FormatDateTime 引数の日付を指定された形式で変換した文字列を返す
FormatNumber 引数の値を指定された形式で変換した文字列を返す
FormatPercent 引数の値に100を乗算、
指定されたパーセント形式に変換した文字列を返す
FreeFile 指定された範囲の、使用可能ファイル番号を返す
FV 指定された条件での投資結果を返す
G
GetAllSettings Windowsレジストリから指定されたセクション内の、
SaveSettingで作成された値を取得し配列で返す
GetAttr 指定されたフォルダ・ファイルの属性を返す
GetObject 指定されたActiveXオブジェクトへの参照を返す
GetSetting Windowsレジストリから指定されたキーの、
SaveSettingで作成された値を取得し配列で返す

ACCESS2010 VBA 関数リファレンス
 A-C
 D-G
 H-L
 M-P
 Q-Z


前の5件 | - VBA関数 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。