So-net無料ブログ作成
レポート ブログトップ

レポート グループ毎に改ページして、レポートフッターをグループフッターの直後に出力する [レポート]

 グループフッターのプロパティで、「改ページ」を「カレントセクションの後」に設定することで、グループ毎にページが変わるようになります。しかし、この方法だとレポートフッターがある場合、最終ページにはレポートフッターだけになってしまいます。

 このようなレポートで、上記の設定を行った場合、

 最後のグループが印刷された後、改ページされて、

 レポートフッターが印刷されます。

続きを読む


レポート グループごとのページ数・総ページ数を付ける [レポート]

 ACCESSの標準機能では実現できないけど、需要は多い処理の一つだと思います。なのに、MicroSoftはどうして対応してくれないんだろう。ACCESS97の頃、サポート情報に参考プログラムが載っていたので、分かってるはずなのに。

 ACCESSのレポートで、ページ数・総ページ数は、PageとPagesを使うことで表示できます。
 グループごとに出力するレポートの場合、そのグループのページ数、グループの総ページ数も印刷したい場合もあると思います。
 めんどくさいので、私は打ち合わせの時に自分からは言わないようにして対処しています。
 でも、請求書とかはどうしても要るって言われるんですよね。そのときは頑張って実装します。

 グループ毎のページ数、グループ毎の総ページ数、ついでに、全体のページ数、全体の総ページ数を表示する方法を説明します。


 こんな感じのレポートです。

続きを読む


レポート 印刷を制御するプロパティ [レポート]

 タイトルがなんかざっくりですみません。
 ACCESSのレポートは、簡単な設定で帳票が作成できる便利な物なんですが、基本的な印刷方法から外れた帳票を作成しようとするとちょっと工夫が必要です。
 そう言う場合に、知っておくと便利なプロパティが3つあります。

○MoveLayoutプロパティ
 Trueの場合は、通常通り、そのセクションが印刷されて、その分だけ次の印刷位置が移動します。
 Falseに設定した場合、そのセクションが印刷されたあと、次の印刷内容が、また先ほどの印刷開始位置と同じ位置から印刷されます。
 上から重ねて印刷されるような感じになります。
 例えば、グループヘッダーを、ページの左よりに印刷されるようにレイアウトして、明細をページの右よりにレイアウトすると、グループヘッダーと明細が並んだ形で印刷できます。

 多少、例が強引ですが、こんな感じの事ができます。
 この場合、左のヘッダーの高さ分ほど、明細行が印刷されないと、次のグループの印刷がさらに重なってしまうので、その場合は、明細の空打ちが必要になります。
 その辺は、続きを参照してください。

○NextRecordプロパティ
 通常Trueに設定されていて、詳細セクションが印刷されると、印刷データが次のレコードに変わって、次の詳細セクションなどが印刷されます。
 Falseに設定すると、現在のレコードのまま、次の印刷処理へ進みます。
 現在のレコード位置のまま、好きなだけ詳細セクションを印刷することができます。

○PrintSectionプロパティ
 通常Trueに設定されていて、現在のセクションの印刷内容が印刷されます。
 Falseに設定すると、セクションの内容は印刷されませんが、印刷開始位置は、現在のセクション分ほど先に進みます。
 先ほどのNextRecordプロパティと組み合わせることで、いわゆる行の空打ちができます。

 これらのプロパティによる制御の組み合わせで、いろんなレポートが実現できると思います。


レポート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。